流体モーションを全画面表示で(APU編)

目的は一つ

「BD品質な1920×1080(以下FHD)の24fps約35Mbpsの映像ファイルを流体モーションで60fpsにして全画面表示で見たい!」

であります。そのためならどんな犠牲(金銭面を除く)をする覚悟です。現状をまとめましょう。

ハードウェア系

APU AMD A6-7400K O.C.でMAX4.0G
メモリ 16G DDR3-1600(うち8Gは1333をO.C.)

ソフトウェア系

OS Window8.1 x64 pro
再生 MPC-HC x64 1.7.8
BlueskyFRC 1.0.2
ドライバー 14.501.1003.1001-141204m-178280E

(BlueskyFRCの最新版1.1.0だと状況が少し変わります)

1.検証

 検証というにはあまりにも感覚的なのですがご容赦を。条件は以下の通り。

  • BD品質な35秒の動画ファイル(戦車が水平パンするやつw)をMPC-HCで全画面再生
  • CCCのビデオ品質補正はいっさいなし
  • MPC-HCのレンダラー設定は既定

GPUへの負荷はMPC-HCのレンダラーの設定で大きく変化することが今更ながらにwわかってきました。MPC-HCのレンダラーの設定は[表示]-[オプション]-出力です。普段は全然気にしていなかったですわ。

image

そうそう、レンダラーに付いてはこんな理解のレベルです。

  • VMR-7 DirectDrawで描画される
  • VMR-9 Direct3Dで描画される
  • EVR WindowsVistaからの新しいレンダラー
  • EVRカスタムプレゼンタ(以下EVR-CP) さらに新しいレンダラー 
  • madVR Corei7にしか許されない夢の高性能レンダラー
  • Haali あれ?削除したつもりでもまだ残っていたのかレンダラー

もう一つGPUへの負荷を左右するのはDxVAでのデコードです。DxVAの画像補正とややこしいので以下GPUデコードとします。設定は[表示]-[オプション]-内部フィルタ-ビデオデコーダで表示されるLavの設定で指定します。

image

ちなみにBlueskyFRCを使うとDXVA2(native)を設定してもGPUデコードは行れません。GPUデコードを有効にするにはDXVA2(copy-back)を指定する必要があります。GPUデコードを行っているかはどうかは、これまたBlueskyさんのDXVA Checkerで確認できます。BlueskyFRC1.1.0からDXVA2(native)でGPUデコードが有効出来ます。

imageimage

 

というわけでMPC-HCでレンダラーを色々変えて再生状況をテストしてみました。

 

1.1 EVR-CP(MPC-HCのデフォルト設定) 

「音の再生が途中で何度も停止しぐだぐだな状態」

image

緑がGPU使用率、青がCPU使用率、どえらいことになっています(名古屋弁)。平均フレームレートは60fpsにほど遠く、同期オフセット(ずれ)は変な値です。

1.2 EVR 

「音声の再生が終わった後、3秒くらい遅れて映像が終わる」

image

いい感じなのですが3秒程度ずれているというのが実情です。

1.2 VMR-9 

「映像が途切れ途切れでしかも音が遅れる」

image

これも論外です。GPU使用率が時々落ちているのは描画をあきらめたところでしょうかw。

1.3 VMR-7(GPUデコード)

「音にワンテンポ遅れて映像が終わる」

image

惜しい。GPUデコードなのでCPU使用率は下がりますが、微妙に映像が遅れます。某戦車アニメでカチューシャの所を再生すると明らかですw。で、再生していると同期オフセットの値が少しずつ増加します。

1.4 VMR-7

「◎」

image

音ずれはありませんでした。再生開始時に負荷が高く、同期オフセットはそれなりの値なのですが、そこからどんどん減少していき最後は0になります。

 

2.総評

 結局、VMR-7のGPUデコードなし以外では全画面表示は無理でした。さらに悪いことにGPUの負荷がちょっとでも重くなるとVMR-7でも音ずれします、ギリギリです。現にBlueskyFRC1.0.0でGPUの負荷が重くなったときは映像が遅れるようになりました(1.0.1以降は大丈夫)。流体モーションではGPUがいっぱいいっぱいです。

3.こんなこともあろうかと

 iGPUを強化する秘密技に「AMD Dual Graphics Technology」(以下DG)があります。グラフィックカードを外付けしてGPUのパワーを引き上げます。しかし、KaveriでDGをするにはR7 240か250が必要なのです。最安値で6000円代かぁ・・・・年末にAM3+が壊れてFM2+に乗り換えたばかりなので予算が・・・・A8-7600にしておけば・・でも売り切れだったし・・・・ こんなこともあろうかとR7 240もついでに買っておけば良かったのですがw

というわけで、去年までAM3+で使用していて現在は引退中のHD6450を外付けして、何とかすることにしました(HD6450編に続く)

 

 

#ある日突然VMR-7の画面が真っ暗になりました。再生は進んでいるけど真っ暗。ドライバーを削除してもダメ。途方に暮れていたのですがCCCの色設定でAMD設定にしたら治りました。

image      

たぶんHD5450(5450も試した時w)差したあとになったので、これ(VMR7 black screenで検索)だと思いますが、いちおうTipsとして。

  それにしても普段遊んでいるGPUが汗をかいて働いている姿を見ると微笑ましいですなw。

広告
カテゴリー: 20世紀プログラマ, コンピューターとインターネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中