WiMAXとVPNとiPod touchとDLNAについて(とりあえず完結&まとめ編)

結論から言いましょう。ブロードキャストはあきらめました、だってdd-wrtがサポートしていないんだもの。bcrelayとコマンドで打つと、ここの様にあんたのpptpdはサポートしていないよといわれました。ただ、bcrelayってLAN側のブロードキャストをPPTPクライアントに流すので、DLNAサーバ検索はできてもいいんじゃないか?レベルの知識なのであきらめました。何でもアリのOpenVPNがうらやましい。

おさらいです。環境としては

  • iPod touch 第4世代 8ギガ
  • WiMAXルータ:URoad-7000SS
    URoad-7000
  • 家側のルータ:WBR2-G54(中古2980円、消費電力12W)をdd-wrt のFirmware: DD-WRT v24-sp2 (08/07/10) vpnに強化。自宅のネットはJ:COMさんを使っています。

WBR2-G54 製品画像

目的としましては

「iPod touchをケチって8Gにしたので家の簡易DLNAサーバにVPN(PPTP)でつないで音楽を聴こう!」

1.iPodの設定

image

一応、暗号化レベルは最大で、すべての信号は帯域を圧迫するのでオフにしました。

 

2.dd-wrtの設定

image

そして、スタートアップスクリプトに

#!/bin/sh
echo “nopcomp” >> /tmp/pptpd/options.pptpd
echo “noaccomp” >> /tmp/pptpd/options.pptpd
sed -i -e ‘s/mtu.*/mtu 1350/’ /tmp/pptpd/options.pptpd
sed -i -e ‘s/mru .*/mru 1350/’ /tmp/pptpd/options.pptpd
kill `ps | grep pptp | cut -d ‘ ‘ -f 1`
pptpd -c /tmp/pptpd/pptpd.conf -o /tmp/pptpd/options.pptpd

を追加(注:コピーすると”が全角になるかも)。dd-wrtを入れているレベルの人に説明するのも無いとは思いますが、

・上の2行で認証まで進むようになりました
・MTU,MRUをデフォルト値(1450)より小さめに設定することで、WiMAX経由の接続が可能となりました。WiMAXのMTUは1400ぐらいなので設定しないと接続がブチブチ切れます。
・ルータ起動の度に設定がリセットされるのでスタートアップスクリプトにpptpdを落として再起動を追加

追記、詳しくは覚えていないのですが、pptpdのMRU値はiPod側のMTU値に反映されました。元の設定例を真似た偶然ですが、pptpdのMRUもWiMAXに合わせて設定したほうがいいみたいです。

3.URoad-7000SSの設定

不要!。WiMaxのルータによってぱPPTPパススルーを有効にしてやらないとだめだと思います。URoad-7000にはその設定が無く、デフォルトでONかな?

4.DLNAクライアントソフト

一般的なDLNAクライアントだと、DLNAサーバ一覧がずらーっと出てきてそこから選択します。しかし、主のブロードキャスト未対応なPPTPの環境ではサーバ一覧が出ません。試した中で唯一、使えるのがこのソフト。

image

どーして使えるのかというと、このソフトは一度接続したDLNAサーバの設定を覚えてくれます。

image

LAN環境でDLNAサーバに接続してサーバ一覧を表示。その時、サーバの設定を保存しておくとPPTPの環境でもサーバ一覧が有効になります。

image

接続できるDLNAサーバを太字で表示してくれます。あとは選択してお好みの映像or音楽を。そうそう、コンピュータ名に外人女性の名前を付けるのは主のジャスティス。主の年齢とか性癖をそこから割り出さないようにお願いしますw。

image やっぱりムギだよな。しかし、けいおんの中の人はいろいろ騒動に巻き込まれて大変そうだが、私の好きな声優、たかはし智秋が同棲したら、ファンからは頑張れよ!逃すなよ!!と応援のメッセージが届くはずw。

一応、制限付きながら家のDLNAサーバにアクセスできるようになりました。めでたし、めでたし、末永く幸せに暮らしまし・・・・・・・・・となるはずでした。

が!

5.PPTP環境でのスループット

iPodのVPN設定ですべての信号を送信をオンにすると、すべてのネットアクセスが家のサーバ経由でiPodに送られます。すなわちPPTP環境での目安としての転送速度がわかります。こちらをご覧ください。

image上がPPTP経由、下がWiMAX(出先で計測)

WiMAXはつながれば超高速で凄いです!出先だとソフトバンク圏外だしw。じゃなくて、PPTPの暗号化ってそんなに重いのかよと!PCで試してもせいぜい350Kbps。自宅で計測すると

image上がPPTP経由、下がWiMAX(家で計測)

ここできたか、接続できないときに何度も疑ったJ:COM。WiMAXが帯域制御するわけないので、やっぱりJ:COMが帯域制御をかけているという結論に達しました。ラスボスはJ:COM。

このスループットだと動画系は厳しい、音声も圧縮しなければ・・・・・・・

というわけで、結論

 

iCloudで手持ちの曲をあげれないようにしたJASRACがすべて悪い!

お粗末さまでしたw

 

追記!(2011/10/18)

「RSA SecurID」はオンにするな!!!

そうか・・・新しいルータ買ったのにどーにもつながらなかったのはこのせいだったのか・・・・・地雷を踏みやすい体質みたいorz

広告
カテゴリー: コンピューターとインターネット タグ: , パーマリンク

WiMAXとVPNとiPod touchとDLNAについて(とりあえず完結&まとめ編) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: WiMAXとVPNとiPod touchとDLNAについて(マルチキャスト進展編)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中