シュタインズゲート(最後まで)

 オワタ。フラグを立てていない世界線を遡り、攻略サイトを見ながら牧瀬EDとTrueEDを見た。

 傑作といえるだろうか?逆転裁判をやり終えたときのような爽快感は無い。α世界線での出来事が頭にこびり付いているからだろう。だが、この先アニメのEDで携帯の着信音が鳴ったら、ほっとせずには居られない。

 物語の終盤、世界線はβに移動し、そこでクリスを救う方法を思ったが・・・がもはやタイムリープもDメールもない世界線。だが、15年という歳月が残されている。そして、アニメ1話にあったようにオカリンは彼女とともに戻ってくる。オカリンが物語初頭の様に鳳凰院凶真になり、未知の世界線に飛ぶ。そして、クリスもそこに居る。

 ハッピーエンドなのになぜか笑えない、噂に違わぬそんな奇作、シュタインズゲート。フェイリスが17話、ならルカ子と萌えかで一話ずつ、期待のEDは20話か?EDクレジット差し戻すのか?とても楽しみです。

 そうそう、実績を稼ぐため無駄なメールのやりとりせねばならんのですよ。だが、箱○ユーザーにとっては実績の値はダイバージェンスメーターなんです。そして、その無駄なメールのやり取りにラボ面の絆が現されているようで、ここまで実績を活用したゲームはないんじゃないかとも

広告
カテゴリー: ゲーム タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中