アイドルマスターアニメに思う

第1話、液晶ディスプレイを中古27インチしたせいであれこれPCが不調で取り逃していました。幸い、ニコ動画で放送してくれそうでよかった。

というわけで第2話を見ました。アメリカのドラマみたいであっちこっちに話が飛ぶのはよしとして、やっぱりタイミングが悪いですね。ゼノグラと同じタイミングじゃ難しいかもしれませんが、せめてPSP版のときに作っておくべきでした。このあたり会社力学で制約される坂上Pの限界なのでしょう。

プロデューサーが現時点でいまひとつ頼りないのは布石としても、物足りないですね。2年前なら、お話はこれで盛り上がっていたんだろうが今では・・・・

でも、アイマス声優さん(2話ではいおりんが多かったですね)が、ちゃんとアニメをやっていると、ちょっとジーンと来ますな。赤羽シークレットライブの映像を見た後だと。これで有終の美を飾ってほしいものです。

広告
カテゴリー: 萌え タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中