A’s Video Converter

 最近、お気に入りのソフトがA’s Video Converter。AMDのGPUを使ってGPGPUでエンコードしてくれるソフトです。特にバージョンが4.xに上がってからどこまでGPUを使うかを細かく設定できるようになり、普段遊んでいるGPU(HD5450)をビシバシつかっております。以前のバージョンでは変換しても音声でてこないお!と断念していたのですが、2G越えのMP4対応で問題なく(といっても運用上他ソフトとの組み合わせでちょっと・・・)使えています。

 特徴としては

  • GPUデコード、GPUエンコード、GPUの画質補正(インターレス解除、サイズ変更)可能。
  • やたらと変換が早い(720PのMP4で60fps、QVGAのWMVで200fps)、が、まぁ、あんまり完璧な変換ではないらしい。
  • GPU使用率を表示してくれて、頑張っているGPUを見るとちょっとだけエコな気分。
  • バグにすぐ丁寧に対応してくれた。

画質重視ではないが取っておきたい番組を変換するには最適です。当方の使い方としては

  1. TS抜きしたNHKの時論公論をQVGAのWMVに変換し、外から見るときの簡易DLNAサーバにぶちこむ
  2. スカパー(SD)で録画している番組を外から見るときの簡易DLNAサーバにぶちこむ
  3. そんなに画質は頑張らなくてもいいサイエンスZERO&NHKスペシャルをMP4に変換

といったところでしょうか?話は横にそれますが、DLNA、いまひとつというかダメだわ。残念な頃のブルートゥースレベルといっていい。クライアントソフト(無料)で一番まともなのがWMP12だからな・・・・VLCももうちょっとバッファしてくれれば電波が悪いWiMaxでもちゃんと再生できるのに!!!

 閑話休題。とべた褒めなのですが、問題点というかこのソフトの問題点ではないのですが、TSファイル直読みだと途中で止まること多々。原因としては

  1. 電波が弱いせいかも知れないが抜いたTSが不完全みたい
  2. Windows7のMS標準デコーダはエラーの多いTSに弱いw

となってBonTsDemuxでいったんmpeg2に変換してからA’s Video Converterにかますといったエコじゃない手順になっています。mpeg2変換時に大量のエラーがでるため、やっぱりTS抜き環境が甘いという推定です。

 最近、kindle朝刊でも新しい記事が楽しみな録画人間の末路さんなページでもおっしゃっていますが脱CPUエンコード、とくにGPGPUエンコードには速度は期待できないなぁと。APUになれば変わるのでしょうか?

 別に変換しなくてもHDD買えばいいんじゃね?と思われるでしょうが、ポート空きなしなんですよ。というわけで、エラーが多いTSにも対応してくれると神なA’s Video Converterですが、機能のサポート範囲が別領域なので厳しいでしょうか。

 深夜にエンコード。これがピーク時の電力を云々でエコだと思うでしょうが、主は東京電力に払う金をできるだけ減らしたい!!!こうやって作業している裏で低いCPU使用率で変換してくれるA’s Video Converter。おすすめです。

広告
カテゴリー: コンピューターとインターネット タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中