文学少女を見ました

 メーテルと鉄郎のまんまじゃないか。線路に降りて発射台まで走れよ。これ、東武沿線だろ、東武はないよな、名鉄でやれよ。

というわけで、文学少女を見ました。

 背景的に似ていると思ったのですが、やっぱり5センチメートルの人が参加しているでしょうか?飛び降りた彼女に2,3段階あったのは良かったです。七瀬のところもハッとしました。気持ちが伝わってきました。

 七瀬さんが酸味、μが辛味、文学少女が甘味。宮沢賢治読みたくなりました。まぁ、メーテルのように去っていく長髪の文学少女が勝ち組で、このままゴダイゴの曲が流れてきそうで最後はスキップしました。いや、面白くなかったわけではないですけど、文学少女といいつつエロゲー過ぎるだろうとwww。ちなみに私は七瀬さん派だな。嫌われると分かっていても飛び込む男気に感動しました。

広告
カテゴリー: アニメ, 萌え パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中