White Album2について語りますかねぇ

 

 WindowsLiveSpaceもwordpressに強引に移行しましたし、いろいろ延期していたエロゲーを冷静に語るという本題に。Word2010からだとLiveSpaceの発行でまだ?行けます。

WHITE ALBUM2 -introductory chapter-、シナリオ書きの丸戸史明さんが、外様ながらもLeafにシナリオを持ち込んで実現させたゲームの序章であります。ドラマCDまで購入済み。ちなみに私は、この作品に会うまで丸戸さんのことを全然知らなくて、なんとなく薦められるがままに購入しました。その後、NGな恋とままらぶのメインを除くルートをやっています。

White Album1に関する知識は、この作品をやった後に見たアニメと中古で手に入れたPC版で緑髪の妹をちょっとやっただけです。XPmodeでしか動かないボイス無しの作品をやるのは2010年じゃつらいですw。

さて、発売から半年も経過しているので細かい評価は色んなBlogにお任せするとおいて、マクロな視点で語りたいと思います。かなり、かずさ贔屓なのがご容赦を。かずさのためのICなんだからこれでいいよね。

プレイ時間10時間で一本道なこのゲーム?なのですが、多くの人の評価が高いのはなぜでしょうか?ツンデレと幼馴染的な娘と鈍い主人公という設定でエロゲー的なテンプレに従ってキャラが立っているというだけではないと思うのです。登場人物が少ないからこそ、大局的見て同じようなイベントを繰返してキャラの性格や行動、気持ちの違いを際立たせ、最終的な破局に全部集約されて行く流れにユーザは移入できるんじゃないかと感じました。完璧なプロット、丸戸△。

 「母に見放された時のかずさの行動」。小説の花火大会の日、母に会う約束をキャンセルされて音楽室に出向きギターを教えるかずさと、母から見放される夢から覚めてどうしてそばに居ないんだと呟くかずさ。後者はかずさの気持ちが春希に傾いてるというか、もはや彼だけというかずさの気持ちが伝わってきます。

 「雪菜の電話」かずさが風邪で倒れてから地下の音楽室で二人がもっとも接近したときに鳴り響く雪菜からの電話。そして、最後の局面でも鳴り響く携帯電話。電話にでなかった(でれなかった)理由、肝心なところで間が悪い雪菜は敏感に分かっていたはず。

「祭りの後のキス」。学園祭の日、我慢できずに春希にキスをするかずさと、温泉旅行帰りの車中でキスできないかずさ。3人の関係が変わってしまったことが伝わります。車中で「寝るなよ」と言っていたかずさ、春希が寝てしまったら音楽室の時のように自分の気持ちを抑えられなくなる、だから寝るなよ春希と。直前の車中会話で春希の自分に対する気持ちを知ったかすさは、キスを我慢した後、一人車庫で涙を流します。

「最後のエロシーン」。痛いとかヘタクソとか、かずさと春希が4月に会ったときと同じ。そして徐々に春希を受け入れていくかずさ。二人の関係全編を凝縮したかのような台詞回し。丸戸さんよ、エロシーンくらいスキップさせてくれw。

さて、ICにおけるかずさハッピーENDはこうであろうと繰り返し演出から推測してみますと。雪菜が告白しなくて同じイベントが流れていくだろうという前提です

・  かずさがギターを教える->春希が感謝の参考書をプレゼント

・  かすさが同好会を救う->春希が期末試験の家庭教師をプレゼント

かずさは後者の時点において、前者におけるプレゼントを粗末に扱った反省点を踏まえて・・・・いないよな。勉強会も最初はふてくされて春希に付き合っていますが、雪菜のフォローでプレゼントには相手の気持ちがこもっていることを思い出して試験はクリアします。この期間、1日16時間のピアノ練習しなきゃいかんだろ。

かずさハッピーENDの告白シーンはどこになるのでしょうか?まるで恋人みたいにかずさと春希が二人っきりになるシーン、温泉旅行の帰りの車中でしょうか?かずさは春希を家まで送っていたでしょうし、春希も自分の口からかずさに同好会を救ってくれたお礼を言えたでしょう、参考書を渡したときと同じように汗をかいて。そこでかずさは「あれは私が好きでやったことで、お前に感謝される筋合いは無い」と言う。春希は自分の気持ちがかずさと重なっていたことを理解して告白して、音楽留学も認めて末永く幸せに暮らしました。めでたしめでたし。

さて、CCはどーなるか?一穴主義をどこまで貫けるか?今日の女神とか言うなよ春希、信頼しているぞ。焦点は「面倒な女」でしょう。NGな恋が「いろいろダメな女」の物語で綴られているのと同じように、CCは面倒な女が彼の心を射止めるんだと、期待しています。というか、シナリオだけでも今すぐ出版しろ。では次回、CCについて予想してみましょうか?

追伸

私の好きなシーン。ほぼノーマルな状態のかずさが唯一春希に自分の口から気持ちを伝えたシーン。「せめて目閉じててくれ」「嫌」

最後の電話の「久しぶりだな北原」もそーなんですが、感情のこもったかずさの声優さんの演技に乾杯

広告
カテゴリー: ゲーム, 萌え タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中